ワキガ対策に消臭効果があるのは?どのタイプ?

ワキガ(腋臭症)

ターンオーバー
人の皮膚自体には、臭いのでる要素はありません。

 

臭いのある場合は汗、などの分泌物が分解したためか、あるいは特殊な細菌感染の結果、またはガンなどの場合のように体の成分の分解産物による場合などが考えられます。

 

また体臭を気にして来院する人のなかには、精神神経疾患のための幻覚、幻臭を気にしているということもまれにあります。

 

現実に問題になるのは、体臭のひとつである腋臭症(えきしゅうしょう)です。主にわきの下から発散される刺激性の臭いで、いわゆる体臭の強いことをいいます。

 

体臭の原因は、わきの下に多数存在するアポクリン汗腺から分泌されるアポクリン汗の成分が種々の細菌の作用により分解された結果生じるものと考えられています。

アポクリン汗腺の人種差、個人差

アポクリン汗腺は人種差、無人差が非常に強く、日本人は最もアポクリン汗腺の少ない種族に入ります。

 

欧米人はアポクリン汗腺が発達しているため、その体臭を消すために香水が発達したと考えられますが、体臭自体は自然の現象としてあまり気にしていないようです。

 

日本人の場合は、大多数の人はアポクリン汗腺が少ないために、一部の欧米人なみにアポクリン汗腺の発達した人の体臭のみが目立つ結果になりました。

 

したがって日本では、少数の体臭の強い人に、ワキガという病名をつけ、その結果非常に気にする人も出てきたわけです。

 

アポクリン汗腺は思春期になって初めて活動するので、ワキガも中学・高校生ころから目立ってきます。また、夏季は発汗も多く、細菌の増殖も活発になりますので、特に臭いが強くなります。

制汗剤と香料

予防のためには汗をまめにふき取ることと、細菌の繁殖をおさえるためにわきを消毒薬の入った石けんで充分に洗い、清潔にしておくことです。

 

わき毛があると最近も繁しやすいので、充分に除毛したほうがよいでしょう。それでも臭いが気になる人には、発汗をおさえ、殺菌作用もある20%塩化アルミニウム液や、5%ホルマリンアルコール液を外用します。

 

これで大部分の人の体臭はかなりおさえられるはずです。ただこれらの薬剤は、かぶれることがありますので、外用薬にわきがかゆくなったり、赤くなったりしたときには注意が必要です。

手術、療法について

それでも良くならないときは、手術療法となります。切除療法と電気メス療法があります。

 

切除療法は基本的には、アポクリン腺のあるわきの下の皮膚を広範囲に切除縫合して、アポクリン汗腺を取り除く方法です。

 

この方法でも多少は周囲の汗腺が残ったり、再生したりして臭いが残ることもありますが、一番確実な方法です。

 

しかし、この方法では非常に長い傷跡が残るという欠点があります。

 

この欠点をおぎなうために短く皮膚を切開して、皮下のアポクリン汗腺のある部分の組織をえぐり取る方法や、一度切り取った皮膚を下だけけずって、再び植皮のようにもとにもどすといったようないろいろな手術方法が考案されています。

 

しかし、再発の多い点、非常に手間のかかる点などがあります。