ターンオーバー

ターンオーバーとは

ターンオーバー
美容皮膚治療の目的は、皮膚を美しくし、それを維持させることである。そのために皮膚の細胞レベルでの動きを簡単に示します。

 

正常な皮膚は28日間の周期で新陳代謝が行われ、細胞が新たに生まれ変わり、古い細胞から新たに生成される細胞へと置き換わる。

 

古くなった肌細胞は、基底層から新たに生成される細胞に、上部へ押し上げられるように角質層まで移動し、垢となり皮膚から剥がれ落ちる。

 

このときのシミの原因となるメラニンも古くなった肌細胞とともに押し上げられ排出される。この流れを皮膚のターンオーバー(輪廻、代謝回転)という。

 

このターンオーバーのサイクルが乱れると、肌の回復が損なわれ、肌の老化が始まり、「シミ、くすみ、シワ、たるみ」などの肌トラブルに見舞われることになる。

 

ターンオーバーは加齢とともに衰え、サイクルも30日〜40日以上へと伸びていく。ターンオーバーを正常に導くためには、血行を促進し、リンパの流れを整える必要がある。

 

しかし、この自然治癒力は体の老化にともなってその力もだんだん小さくなり、回復力は遅くなっていく。それが、シミ・シワ・たるみといった肌のトラブルを生じる原因になる。

 

特に女性の場合は、更年期に入ると種々の女性ホルモンの分泌バランスが崩れ、肌の老化が早まる。当然、肌も体の一部なので年を取り、これを肌年齢という。

 

年を取らせないことは不可能であるが、肌への栄養や刺激を与えたり、老廃物を取り除くことで肌年齢の加齢を遅らせることは可能である。

 

現在行われている美容皮膚科の治療内容も、同様の考えに沿っている。