汗はまめにふくだけでも消臭できる

汗はまめにふくだけでも消臭できる

「暑い季節は、これが欠かせないんですよ」といってバッグの中から取り出したのは、密封袋に入ったぬれタオル。

 

「汗をふくときに使うんだけど、冷たくて気持ちがいいし、何よりこれでふいたほうが汗の臭いが気にならないような気がする」と話します。多くの人は、汗をふく場合、乾いたハンカチやタオルを使います。

 

でも、臭い防止を考えるなら、乾燥したタオルやハンカチではなく、固く絞ったぬれタオルでふくほうがよいと言われています。

ぬれタオルでふくのが効果的

臭いの原因は、皮膚に残った雑菌。乾いたタオルやハンカチは、汗の水分を吸収することはできても、臭いの原因になる皮脂や他の成分は取り切れないからです。

 

皮膚に残った成分は、時間とともに雑菌を繁殖させ、臭いとなってあらわれます。しかし、ぬれたタオルならば、水分だけでなく皮脂汚れも取り除くことができるので、時間がたっても臭いがしません。

 

また、かいたばかりの汗は無臭です。汗をかいたらできるだけ早くふき取ることも汗の臭い防止には効果的です。ただし使ったタオルを何回も繰り返し使うのはよくありません。

 

タオルそのものに臭いがついてしまうので、それで汗をぬぐっても、むしろ逆効果。使ったら、水洗いしてから密封袋に戻すことをおすすめします。

重曹を入れたお風呂につかる

パンやお菓子のふくらし粉として使われる「重曹」。正式には炭酸水素ナトリウム、重炭酸ソーダというナトリウム化合物です。

 

もともと地下の鉱床や湖の沈殿物などに含まれている塩に近い天然成分です。それを精製したり、または塩を化学変化させて作りだされたものを私たちは使っています。

 

食品のイメージが強い重曹ですが、最近ではエコライフブームにのり、キッチンやお風呂掃除、生ゴミの臭い消しに役立つことで注目を集めています。